新着情報 ビタトレール公式オンラインショップ オープン!

お買物合計7000円(税込)以上、送料・手数料無料

イメージ

イメージ

- 1 -
このような皆様に

これらのチェックシートは、あくまで目安としてご活用ください。

イメージ

頭痛のせいで集中できない。

生理中など、体調が悪いと頭痛もしてきて憂鬱になる。

気分が沈むと、頭痛がしてくる。


※このページで紹介しております医薬品を5~6回服用しても症状がよくならない場合は最寄りの医師・薬剤師・登録販売者にご相談ください。


忙しい生活を送っているのに、もう起きてしまっている頭痛のせいで支障が出ては困りますよね。十分な休息とリラックスが必要なのに、頭痛のせいで休むことがままならなかったり。それも困ります。

イメージ

そんな頭痛に今すぐ対処したい、そんな時...速やかに痛みを止めるおクスリ、つまり頭痛薬など解熱鎮痛剤の出番! 発熱をおさえる時にも大活躍してくれます。

ところが

中には「飲むと胃が痛くなるから、頭痛薬には頼りたくない」という方もおられます。

それは、どういうことでしょうか。そもそも何故「解熱鎮痛剤を飲むと胃が痛くなるのか?」。その理由は、2つあります。

ONE POINT

理由その1:刺激が強い成分なので、おクスリが胃を通過する時に、胃粘膜を荒らしてしまうケース。

胃酸でおクスリが溶けて、中の成分が染み出てしまったことが原因。ちなみに満腹時なら胃酸の分泌が比較的抑えられることが期待できるので、おクスリを飲む時の注意書きの中に「空腹時を避けて、食後に飲んでください」とあるわけです。


2つめが、ちょっと長いお話です。

ONE POINT

理由その2:発痛物質に関わるケース。

ヒトが痛みを感じるのは神経ですが、その神経に痛みの刺激を与えているのが“発痛物質”と呼ばれるもの。その代表格が、プロスタグランジン(PG)。

ヒトのカラダは、いろんなストレスでダメージを負うと、損壊した部位からまずアラキドン酸という物質が放たれ、さまざまな作用を経て、発痛物質プロスタグランジンへと変化します。このプロスタグランジンが、周囲の神経に刺激を与え、脳に痛みを知らせるのです。

そして、アラキドン酸からプロスタグランジンの生成する役目をするのが、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素。

痛み止めのおクスリが効くメカニズムとは、早い話が...痛みの原因物質はプロスタグランジンで、それを作ってるのがシクロオキシゲナーゼ。ならば、シクロオキシゲナーゼの働きを妨害すれば、そもそもプロスタグランジンが作られなくなって、痛みが治まるのでは、というもの。

ちなみにプロスタグランジンは、発熱にも関わっていますので、こうしてプロスタグランジンを抑制すれば、鎮痛成分としてだけでなく、解熱成分としても効果を発揮できるのです。


長いので、一旦切ります。
このように発痛物質を抑えるアイデアは非常に素晴らしいのですが...しかし、これが“なかなか思うようにいかなくて難しい”のですよ。

ONE POINT

理由その2:発痛物質に関わるケース...の続き。

そのプロスタグランジンなのですが、実は似たものがたくさんいて、発痛物質としての役割以外にも、いろいろ大事な役目を担っているのです。

その1つが、胃粘膜の保護。だから、プロスタグランジンなら何でも止めちゃえばいい、ってわけではないのです。

それでは、発痛物質に関わるプロスタグランジンだけ止めようと思うわけですが...実は、プロスタグランジンを作るシクロオキシゲナーゼも複数いて、それぞれ生成するプロスタグランジンの種類が異なるのですが、これがまたお互い非常によく似ているのです。どっちが発痛物質関連で、どっちが胃粘膜保護関連なのか、少なくとも鎮痛成分的にはほとんど見分けがつかないのです。そして...

「わからーん!」

...と、手っ取り早く、両方のシクロオキシゲナーゼに対して、まとめて妨害する効果を発揮してしまいがちに。その結果「痛みを抑える事に成功したけれど、胃粘膜も荒れてしまう」というわけなのですね。


というわけで「胃にやさしい頭痛薬」を目指したおクスリは、胃粘膜の保護成分や胃酸を抑える成分(制酸成分)も一緒に配合する方法をとっているのです。それでも、吸収された成分が血液にのって体中を巡ると、どうしても少なからず胃に影響を与えることになるのですね。

NOTICE

「痛み止めは牛乳で飲むと胃にやさしい」という話もありますが...

イメージ

鎮痛成分自体には牛乳との相性に問題が無くても、よく一緒に配合されている胃の保護成分やおクスリの製造方法によっては、効果が無くなったり、逆に悪影響をおよぼす可能性が考えられます。やはりおクスリを飲む時は、用法用量を守り、水か白湯で飲みましょう。

それでは

成分自体が「胃にやさしい」頭痛薬は無理なのでしょうか?

実はですね、「胃にやさしい解熱鎮痛成分が欲しい」というのは、医薬品の開発の歴史の中には、けっこう初期からあるコンセプトなのです。
それが、コチラの2つの成分。どちらも大ベテラン的な存在の成分です。

(1) アセトアミノフェン,(2) エテンザミド

さて、おさらいしますと「解熱鎮痛剤を飲むと胃が痛くなることがある」原因は「胃粘膜を荒らす成分」であること、「シクロオキシゲナーゼに影響を与える成分」であることの2点。

ONE POINT

実は、アセトアミノフェンもエテンザミドも、鎮痛成分の中ではシクロオキシゲナーゼに与える影響が、比較的少ないとされている成分なのです。

と言いますのも、どちらもシクロオキシゲナーゼより、中枢神経...つまり脳の痛みに関連する部位へダイレクトに効果を発揮することで、鎮痛作用と解熱作用があらわれるとされている成分だから。

ですから、先ほどの説明にありました「プロスタグランジンを抑える代わりに胃が痛くなる」話には、基本、あまり関係無いと考えてよいのですね。

※諸説あります。

また、どちらも、体内に吸収された後も、胃に刺激を与える成分に変化しない、という特長があります。

しかも、アセトアミノフェンもエテンザミドも、どちらも解熱鎮痛成分の中では、比較的早い時期から開発された成分なのです。つまり、その分、長い間使用され続けてきた実績があるので、それだけ副作用リスクに関しては抜群の信頼性を誇っているのですね。

ですから、これらの成分を配合したおクスリは、比較的、小児の方も使用できることが多いのです。そもそもアセトアミノフェンは、そのルーツをたどれば「お子様にも使用できる鎮痛剤」というコンセプトで開発された成分だったりするのですよ。

※他の配合成分との兼ね合いもありますので、これらの成分を使用しているおクスリなら、必ず小児にも使える、というわけではありません。同じ小児の方でありましても、ご使用できる年代が変わる場合がありますので、商品毎に用法用量をご確認ください。

※なお、全ての副作用を完全に回避する、というわけではありません。用法用量を守り、過度な使用は控え、注意書きをよくお読みください。

というわけで

さらにアセトアミノフェンとエテンザミドの両方を配合した処方なら、お互いを補えあって、単体の時よりも効果を発揮!しかも、この2成分をサポートしてくれる成分も追加されて、チームになった!

イメージ

それが今回のオススメ「ACE処方」。


- 2 -
ACE処方の解熱鎮痛剤

「ACE処方」は、アセトアミノフェンとエテンザミドに、カフェインを加えた3種類の成分をミックスした解熱鎮痛成分のことで、AとCとEは、それぞれの成分の頭文字を意味します。

A ← アセトアミノフェン
C ← カフェイン
E ← エテンザミド

単なる興奮剤として誤解されがちなカフェインですが、一緒に配合されている鎮痛成分の働きを助ける役目が認められている、立派な有効成分の1つなのですよ。

というわけで!

アセトアミノフェンとエテンザミドがチームを組めば!

ONE POINT

どちらも中枢神経(脳)に効く成分ですが...

イメージ

(1)アセトアミノフェンは、痛みを受信する視床下部に。

(2)エテンザミドは、脳に痛みを伝達する入口である脳幹に。

それぞれ異なるアプローチで、手分けして効果を発揮!つまり相乗効果を発揮するのです。

※諸説あります。


さらに

ONE POINT

イメージ

(1)アセトアミノフェンは、素早く効くのが特長とされる成分。

(2)エテンザミドは、長く効くのが特長とされる成分。

と、お互いの長所を発揮するので、スピードと持続性のバランスがいい!

他にも、アセトアミノフェンには消炎作用は無いのですが、代わりに消炎作用を持つエテンザミドがカバーしたり、どっちも中枢神経(脳)に作用するので、お互い「頭痛が得意」だったりと、何かと相性がいいのです!

というわけで

イメージ

「胃にやさしい」とされる成分を使用。
小児の方にも使いやすい。
※おクスリごとに使用の可否、使用できる年齢層が異なります。
成分の相乗効果で、しっかり効く。
効く速度と持続性も、バランスがいい。

...と、総合力において、なかなか優れている点で人気が根強い「ACE処方の解熱鎮痛剤」、いかがでしょうか。


- 3 -
ビタトレール®の解熱鎮痛剤/痛み止め

小粒タイプで飲みやすい、ACE処方の解熱鎮痛剤です。ご家庭の常備薬にも使える、大容量180錠入。ガラス瓶ではなく、プラスチック容器なので、取り扱いやすく持ち運びにも便利です(※瓶の高さ:約9cm)。

イメージ

※成分配合量は、それぞれ“1日量中”。

アセトアミノフェン:300mg配合
痛みをおさえ、熱を下げる。
エテンザミド:200mg配合
痛みをおさえ、熱を下げる。
アリルイソプロピルアセチル尿素:40mg配合
痛みをおさえるはたらきを助け、頭痛をやわらげる。
無水カフェイン:50mg配合
痛みをおさえるはたらきを助け、頭痛をやわらげる。

NOTICE

イメージ

鎮静成分である「アリルイソプロピルアセチル尿素」が配合されておりますので、服用後に眠気等があらわれることがあります。服用後は、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。

ロゴ

指定2類医薬品

180

副作用被害救済制度



【第(2)類医薬品】ビタトレール クイックA錠 180錠

ビタトレール® クイックA錠は、痛み・熱にすぐれた効目をあらわすエンテンザミド・アセトアミノフェンに、鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインの4種類の成分を配合した非ピリン系解熱鎮痛薬です。
1,080円 (税込) 1,000円(税抜)
  • NEW
  • 医療費控除対象商品

JANコード : 4987307000253

添付文書 (GIFファイル)

医薬品のリスク分類

指定2類医薬品
リスクが比較的高い第2類医薬品の中でも、特に注意を要するもの。
まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含む。

製品特徴
ビタトレール® クイックA錠は、痛み・熱にすぐれた効目をあらわすエンテンザミド・アセトアミノフェンに、鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインの4種類の成分を配合した非ピリン系解熱鎮痛薬です。
効能・効果
●頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・肩こり痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・打撲痛・骨折痛・ねんざにともなう痛み(ねんざ痛)・抜歯後の疼痛・咽喉痛(のどの痛み)・耳痛・外傷痛の鎮痛
●悪寒(発熱によるさむけ)・発熱時の解熱

成分・分量
3錠中
アセトアミノフェン 300mg、エテンザミド 200mg、アリルイソプロピルアセチル尿素 40mg、無水カフェイン 50mg
添加物:乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、セルロース、ステアリン酸Mg
用法・用量
次の量をなるべく空腹時をさけて、水又はぬるま湯で服用してください。
服用間隔は4時間以上おいてください。
成人(15歳以上):1日3回を限度とし、1回3錠
11歳以上15歳未満:1日3回を限度とし、1回2錠
5歳以上11歳未満:1日3回を限度とし、1回1錠
5歳未満    :服用しないでください

<用法及び用量に関連する注意>

(1) 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

(2) 用法・用量を厳守すること。



使用上の注意
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと

(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。

2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないこと
他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬、乗物酔い薬
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)
4.服用前後は飲酒しないこと
5.長期連用しないこと
相談すること
1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

(1) 医師又は歯科医師の治療を受けている人。

(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。

(3) 水痘(水ぼうそう)若しくはインフルエンザにかかっている又はその疑いのある乳・幼・小児(15歳未満)。

(4) 高齢者。

(5) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(6) 次の診断を受けた人。
心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること〔関係部位:症状〕
〔皮膚:発疹・発赤、かゆみ〕〔消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振〕〔精神神経系:めまい〕〔その他:過度の体温低下〕
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
< ショック(アナフィラキシー)>
服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
< 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症 >
高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。
< 肝機能障害 >
発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
< 腎障害 >
発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢等があらわれる。
< 間質性肺炎 >
階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
< ぜんそく >
息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
眠気
4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、添付文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱い上の注意
(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2) 小児の手の届かない所に保管すること。
(3) 他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4) 容器の詰め物は、輸送中の錠剤破損防止用であるため、開封後は取り除くこと。
(5) 使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
製造販売元
中外医薬生産株式会社 〒518-0131 三重県伊賀市ゆめが丘7-5-5
≪お客様相談室≫ 電話:0595-21-3200 受付 9:00~17:00(土日・祝祭日を除く)

おすすめ商品

  • 【送料・手数料無料】【第3類医薬品】ビタトレールEXP プレミアム 363錠
    ビタミンB1誘導体フルスルチアミン、ビタミンB6、ビタミンB12を配合し、目の疲れ・肩こり・腰の痛みなどツラい症状にすぐれた効果をあらわします。補酵素(コエンザイムA)となってエネルギー産生に重要な働きをするパントテン酸カルシウム、ビタミンEを配合しています。
    3,980円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
  • 【第3類医薬品】ビタトレールネージュホワイトplus 240錠
    肌や体の代謝を助ける働きがあり、シミ・そばかす、にきびなどの肌トラブルや、疲れ・だるさといった全身倦怠に優れた効果を発揮するL-システイン製剤です。
    1,978円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
  • 【第3類医薬品】ビタトレール(R) レバオール(R)錠 300錠
    肝臓加水分解物に、鹿茸(ロクジョウ)末や甘草(カンゾウ)乾燥エキス、さらにビタミンB2とB6がプラスされて、滋養強壮や虚弱体質、肉体疲労・胃腸障害・病中病後などの場合の栄養補給に優れた効果を現します。
    2,980円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
  • 【第3類医薬品】ビタトレールヨクイニン錠 540錠
    ハトムギの皮を除いた種で、昔からお肌のために用いられてきた生薬です。 本品は、その脱穀したハトムギ(ヨクイニン)の粉末を飲みやすい錠剤にした生薬製剤(医薬品)です。
    1,728円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
ページトップ