はじめてのビタトレール®

▼クリックで、商品PR説明をスキップして、カートインボタン表示位置まで進む。




イメージ

イメージ

- 1 -
このような皆様に

これらのチェックシートは、あくまで目安としてご活用ください。

イメージ

仕事や家事で、同じ姿勢が続くとツライ。

目の疲れで、急に肩こりが気になることがある。

運動や力仕事をした翌日、筋肉痛・腰痛に悩まされがち。

年齢と共に、関節の痛みが気になるようになってきた。


※このページで紹介しております医薬品を5日ぐらい使用しても症状がよくならない場合は最寄りの医師・薬剤師・登録販売者にご相談ください。


さて、筋肉は元々、何かの度にダメージを負っては、その度に休ませることで回復し、成長するもの。つまり、普段から何かとプチプチ傷つきやすいのです。激しい運動した後だけでなく、長時間同じ姿勢が続いたりストレスによる緊張などによって、血行が悪くなった時など、日常的なことでも筋肉は傷ついています。傷ついた筋肉は、休ませることができれば回復し、いずれは鍛えられて強くなり、コリや痛みは改善されるのですが...

なかなか、そんな余裕が無い方ですとか、慢性的な痛みとコリでお仕事や家事に支障が出てお困りの方もおられるでしょう。また、本来はリラックスしてほぐさないといけない部位も痛みによる緊張が続くことで、新たなコリとなって悪循環に陥り、なかなか症状が改善に向かわないことも。

イメージ

そんな時は、抗炎症作用を持つ、おクスリの出番!頼れるおクスリのサポートで悩みの元を速やかに解決しましょう



- 2 -
プラスター剤タイプの貼り薬

ココで言うプラスター剤タイプとは、いわば「シールみたいに薄い貼り薬」のこと。

イメージ

水分が多い湿布薬=パップ剤に対して、プラスター剤は「硬膏剤」と呼ばれます。...が、ココではイメージでわかりやすいように、そのまま引き続き「湿布薬」と「プラスター剤」と呼ばせていただきましょうね。

ちなみに、粘着力が強くて薄いプラスター剤タイプが便利なので「湿布薬の改良発展形?」と勘違いされている方が稀におられますが、それは誤り。
湿布薬の場合、あの厚みのあるところに含まれている水分が患部の熱をとって冷やす役目がありますので、厚くなって粘着力が強くなくても、それはそれで良いのです。
湿布薬とプラスター剤がどっちが優れているかではなく、それぞれ機能性において、意味と特長がありますので、よく把握して使い分けすることが肝心...ということですね。

貼り薬の歴史を見てみますと、湿布薬もプラスター剤もそれぞれ紀元前から存在しているようなことを示す文献がありますので、登場時期や歴史の長さは、たぶんほぼ同じのようです(※諸説あります)。
別々に登場して、それぞれ独自に進歩していますので「どっちがどっちを改良」という関連性は「特に無い」という見方でよろしいかな、と思われます。

せっかくですから、お話のついでに、ちょっと豆知識を。

ONE POINT

余談ですが、それぞれのルーツについて

【湿布薬の場合】昔の湿布薬は、湿布と薬が別々になっていて、使用時はいちいち湿布に薬を塗ってからでないと使えない、すごく面倒だったものが...今の「湿布と薬が一体になった」形になって、すごく便利になったのが、20世紀後半の話。なんと日本の企業が関わっています。

イメージ

【プラスター剤の場合】昔のプラスター剤は、いろんな素材を試しつつも、どれもすぐ剥がれたり、逆に剥がしにくかったり、なかなか使えなかったのが...「天然ゴムと混ぜた膏体」で、粘着力の問題を一発解決したのが、19世紀前半頃の話。こっちはアメリカの話なのだとか。

ただ、欧米では貼り薬を使う習慣がそんなに無かったからなのか、こちらはこの後、代わりに絆創膏(天然ゴムの粘着剤+ガーゼ)へと発展して、貼り薬の分野からは遠ざかってしまいます。

一方、昔から膏薬や貼り薬を愛用する習慣があった日本では、ローカルな貼り薬で「ライナー(?)を剥がすと使える薄い貼り薬」の原型っぽいものがあったそうです。紙に薬を塗り、保存用の剥離紙(ライナー)を剥がして使う、極薄型の貼り薬...たしかに、かなり今の形に近いかも!? ちなみに、使用する前には、火であぶって薬を溶かす手間が必要だったそうで、いろいろと惜しいですね。

そして昭和の初期には、その貼り薬を改良した市販薬が大ヒットした話がありますので、むしろこちらをプラスター剤タイプの貼り薬のルーツに認定すべきかも知れませんね。ということは、なんとこちらも日本の企業が絡んでいますよ。

※諸説あります。


機能的な便利さで人気のあるプラスター剤タイプの貼り薬ですが、ご愛用されている方を見ますと、単に「効く」という理由だけでない、他の医薬品の場合とは何だか違う形で“ファン”をつかんでいるように思えます。

例えば、プラスター剤タイプの貼り薬を使う時...ご自分のコリに効く貼り方をいろいろ編み出して“秘技〇〇貼り!”と、お楽しみではございませんか?

もちろん、用法用量を守ることは大前提ですが。
ただ、ご使用者の方に「アレンジ」や「技を編み出す」という余地があるあたり、他のおクスリには見られない「遊び心」が、メーカーもお客様もある意味許容されている空気がありますよね。

プラスター剤を駆使する“秘技〇〇貼り”という、軽く受け取られそうなノリは、おクスリのご使用という点から見れば、賛否両論あるかもしれません。
とはいえ、実はもともとこうしたノリは、テレビCMを通じてメーカー側から提案され、お客様に浸透していったもの。日本初のテレビCMが放送された時代から続いているもので、もうテレビが大好きな日本人の生活に、既にノリが定着した感があります。

ツラい症状に常に向き合うのは大変なことですし、ストレスが原因でコリに悩まされている方にとってリラックスすることも必要かと思われますので、ある意味、こうしてご自分でいろいろ考えて楽しみながらおクスリをご活用されることも案外大事な事かも知れませんね。

NOTICE

もちろん、用法用量を守り、
注意書きをよく読むことが大前提。

イメージ

同じプラスター剤タイプの貼り薬でも、箱などに書かれているリスク分類が【第2類医薬品】となっているものは、貼り替える期間が短く決められている場合がありますのでご注意を。

イメージ

また、プラスター剤タイプの貼り薬には天然ゴムが含まれていますので、アレルギーのある方はご使用にならないでください。

※アレルギーの無い方でも、あまりに多くのプラスター剤を狭い範囲に集中的に貼り過ぎると、お肌がかぶれる原因になることもありますのでご注意ください。また、目の周囲など、使用できない部位は「注意書き」をご確認ください。



- 3 -
ビタトレール®のバンノパス

ビタトレール®医薬品シリーズのプラスター剤タイプの貼り薬は「バンノパス」。

イメージ

クールな使用感の4つの成分。患部の腫れと痛みを鎮め、さらに血流改善!さらに、血行促進のため、ビタミンEを配合!

※成分配合量は、それぞれ“膏体100g中”。

サリチル酸メチル: 6.215g配合
dl-カンフル: 1.243g配合
ハッカ油: 0.829g配合
l-メントール: 3.108g配合
トコフェロール酢酸エステル: 0.345g配合

たっぷり使える140枚入(20枚入×7袋入)。チャック付き保存袋もあるので、便利です。


ロゴ

第3類医薬品

140枚入


【第3類医薬品】 【はじめてのビタトレール☆毎日ポイント2倍】 なんと!あの【ビタトレール貼り薬】ビタトレール バンノパス 140枚入(保存袋付き)...のお試しバージョンが送料無料! ※1家族様1個、初回限定!

鎮痛・消炎プラスター バンノパスは、粘着力が強く剥がれにくく、薄くて目立たない鎮痛・消炎プラスター剤です。
ビタミンE配合で、肌にやさしくてムレにくいのが特長。
未使用分のプラスターを入れる保存袋付き、1箱140枚入りです。
(1枚のサイズ:6.2×4.2cm)
1,142円 (税込) 1,039円(税抜)
  • NEW
  • ポイント2倍
  • オススメ
  • 医療費控除対象商品
【お客さまへ】本商品は「初回ご購入者さま限定」の、数量限定&期間限定のキャンペーン商品です。
大変申し訳ございませんが“1家族さまにつき1個、1回限り(初回限定)”のご注文に限定させていただきます(※ご注文後に2回目以上のご購入であることが判明しました場合、大変申し訳ございませんがキャンセルとさせていただくこともございます)。

※1回のご注文は、1家族様1個限りとさせていただきます。
※同じ商品でございましても、このキャンペーン専用商品以外の商品をご購入されました場合は“対象外”となります。キャンペーンご利用をご希望の方は、このキャンペーン専用商品をご選択ください。
※数量限定の企画につき、まだ期間内でありましても、定員に達しました時点で予告なく終了する場合がございます。




JANコード : 4940794442821

添付文書 (GIFファイル)

医薬品のリスク分類

第3類医薬品
リスクが比較的低いもの。
日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こる恐れがある成分を含む。

製品特徴
鎮痛・消炎プラスター バンノパスは、粘着力が強く剥がれにくく、薄くて目立たない鎮痛・消炎プラスター剤です。
ビタミンE配合で、肌にやさしくてムレにくいのが特長。
未使用分のプラスターを入れる保存袋付き、1箱140枚入りです。(1枚のサイズ:6.2×4.2cm)
効能・効果
腰痛、打撲、捻挫、肩こり、関節痛、筋肉痛、筋肉疲労、しもやけ、骨折痛

成分・分量
膏体 100g中
dl-カンフル 1.243g、サリチル酸メチル 6.215g、ハッカ油 0.829g、l-メントール 3.108g、トコフェロール酢酸エステル 0.345g
添加物として、ポリブテン、生ゴム、ポリイソブチレン、エステルガム、テルペン樹脂、沈降炭酸カルシウム、酸化チタン、アクリル酸メチル・アクリル酸-2-エチルヘキシル共重合樹脂、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、天然ゴムラテックス、香料、赤色405号、黄色205号を含有します。
用法・用量
1日1~2回ライナーをはがし、患部に貼ってください。
<用法及び用量に関連する注意>
(1) 用法・用量を厳守してください。
(2) 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3) 汗をかいたり、患部がぬれている時は、よく拭き取ってから使用してください。
(4) 皮膚の弱い人は、使用前に腕の内側の皮膚の弱い個所に1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。


使用上の注意
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
天然ゴムによるアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の部分には使用しないこと
(1)目の周囲、粘膜等 (2)湿疹、かぶれ、傷口
相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、外箱をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること〔関係部位:症状〕
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、外箱をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱い上の注意
(1) 直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2) 小児の手の届かない所に保管してください。
(3) 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)
(4) 開封後は添付の保存袋に入れて保管してください。

(5) 使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
製造販売元
大協薬品工業株式会社 〒939-3521 富山市水橋畠等173
≪お客様相談窓口≫ 電話:076-479-1313 受付 9:00~17:00(土日・祝祭日を除く)

おすすめ商品

  • 【送料・手数料無料】【第3類医薬品】ビタトレールEXP プレミアム 363錠
    ビタミンB1誘導体フルスルチアミン、ビタミンB6、ビタミンB12を配合し、目の疲れ・肩こり・腰の痛みなどツラい症状にすぐれた効果をあらわします。補酵素(コエンザイムA)となってエネルギー産生に重要な働きをするパントテン酸カルシウム、ビタミンEを配合しています。
    4,054円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
  • 【第3類医薬品】ビタトレールネージュホワイトplus 240錠
    肌や体の代謝を助ける働きがあり、シミ・そばかす、にきびなどの肌トラブルや、疲れ・だるさといった全身倦怠に優れた効果を発揮するL-システイン製剤です。
    2,015円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
  • 【第3類医薬品】ビタトレール(R) レバオール(R)錠 300錠
    肝臓加水分解物に、鹿茸(ロクジョウ)末や甘草(カンゾウ)乾燥エキス、さらにビタミンB2とB6がプラスされて、滋養強壮や虚弱体質、肉体疲労・胃腸障害・病中病後などの場合の栄養補給に優れた効果を現します。
    3,036円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
  • 【第3類医薬品】ビタトレールヨクイニン錠 540錠
    ハトムギの皮を除いた種で、昔からお肌のために用いられてきた生薬です。 本品は、その脱穀したハトムギ(ヨクイニン)の粉末を飲みやすい錠剤にした生薬製剤(医薬品)です。
    2,129円(税込)
    • NEW
    • 医療費控除対象商品
ページトップ